読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

『森本千賀子 子どもと集中・濃密コミュニケーション』を読んでズッこけた

どうでもいい 子育て 子ども

おはようございます。
しばらくブログ更新してませんでした。どうでもいいですね。

今朝、通勤電車の中で、日経DUALの「森本千賀子 子どもと集中・濃密コミュニケーション」って記事を読んでズッこけたんで書き残しておきやす。

フルタイムで働いていると、子どもと過ごせる時間はどうしても限られてしまいますよね。一緒にいられるわずかな時間の中でいかに密度の高いコミュニケーションを取るか――。これは忙しい共働き家族にとっては、とても大事な課題の一つではないでしょうか。2人の息子さんのママであり、カリスマ転職エージェントの森本千賀子さんに、子どもとのコミュニケーション方法を聞きました。

『カリスマ転職エージェント』(笑)ってのがもうアレなんですが、よく顔写真付きでそんな肩書きつけられて平気でいられるのか、とても不思議です。

書かれていることは、『「じっくり会話」はお風呂タイムに』とか『寝る前のストレッチでスキンシップ』とか、「なるほどなー」と思うことが書かれていたんですが、最後の最後に

休日は、長男はフラッグフットボールの練習や試合、次男は空手・英語保育・幼児教室・水泳教室に通っています。もちろん、練習や習い事に付き添って見守ったり、試合の応援に行ったりします。

と、ここでズコっ!っとなったわけです。

まぁ 『カリスマ転職エージェント』(笑)ですから、そうとう収入もよろしいでしょう。
いや、ふたりの子供にそれほどお金をかけられるなんて羨ましい、という嫉みのせいか、またまた、ウチとは待ったく違う家庭(経済)環境だということが突きつけられたせいか、それまで書かれていたことが吹っ飛んでしまったのでした。

「あぁ、仕事も子育ても充実しているようで、およろしいですね」以上の感想は出てきません。 

っていうか、ライターの判断なのかわかりませんが、そこを書く具体的に必要ってあったのかな、と。
たんに文字数を稼ぐだけだったのかな。

 

まっ、いつものようにどうでもいいんですけど。