読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

上杉隆氏の「【ニッポンの問題点】改革を妨げる人々 攻撃に晒される日々」を読んで

どうでもいい ブツブツ

すんません。ここんとこ暇ってわけでもないですが、少し時間が取れるんでブログ書いてます。

で、『いわき漁港の漁師「上杉隆さん、ありがとう!」しかし、いわき漁港は実在せず』で有名な、上杉隆さんのブログをはじめて読んだんだけど、件の記事があがってた。
よーするに自分は、同業者から村八分にされている、という。 

この壁に挑んでいるノーボーダーは、当然にそうしたメディアの者から総攻撃を受けている。
きのうもまた2件、そして今朝もノーボーダーに対しての攻撃があった。

ともに「ノーボーダーに出演するな」「記事を寄せるな」「上杉に近づくな」という同業者からのもの。
しかも、当のノーボーダーや私には一切の連絡がなく、いつものようにウラでスポンサーや提携企業に圧力をかける。

いつものパターンすね。「メディア」という曖昧な敵を作り上げて、権力と戦っている自分スゲーを演出している。 
(ん?そういえば、ことあるごとに隣国などを挑発する、いわゆる瀬戸際外交が大好きな国が近くにありますね。それと 似てますね)

たとえば、知り合いにいる腕の良いデザイナーは、いくらギャラが良くてもやらない仕事(エロ系とか)がある。
自分ではやらないが、他人がやることには口を出さない。でも、相談されれば「やめておけば?」くらいは言うだろう。

その程度の話しだと思う。

改革を望むのならば、ウラでコソコソしないで堂々と議論すればいいのではないか?

だから、改革とかの話しじゃ無くて、「上杉?そんな人と関わらない方がいいんじゃね?」ってくらいの話しなんだろうけど、上杉さんには分からないんだろうなぁ。
(いや、わかっててやっている節もある) 

しかし、この記事はフいてしまった。。

 

ひとまず。