おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

さすがイケダハヤト( @IHayato )さん。おっしゃりたいことはだいたい理解した(つもり)なので、にいったん自分なり整理してみる

NewImage

コンテンツを「パクる」のは、なぜいけないの?教えておじいさん!」という一部で盛り上げっているヤツです。

ことの発端は…、面倒なので書きません。

要するにイケダハヤトさんは、「他人事なのになんでそんなに怒ってるの?そっちの方がよっぽど怖いわ」と言いたいのだと理解しました。
その具体例として、最近話題になっている『コンテンツのパクリ』を出して問題提起した、と。

こういった意見を書く人は多いですが、みなさん「なぜパクリがいけないのか」を書かないんですよね。「麻薬=絶対ダメ」という感じのノリで「パクリ=絶対ダメ」と思い込んでいる感じさえあります。こういう思い込み、思考停止は怖いです。

毎度書いてますが、パクリ云々は、他人がどうこう言う話ではないんです。そのパクリがNGかどうかは、著作権者しか判断できませんから。バイラルメディアはパクリだらけだ!著作権違反だ!と怒る人は、一体何者なんでしょうね。

どうしてもパクリが許せないのなら、「あなたの著作物がパクられていますよ」と著作権者に教えるのが最良の解になると思います。それ以上はやるべきではありません。NGかどうかは、あなたが判断することではないのですから。

僕も常々そう思っていました。
今回の例で言えば、確かに記事を丸パクリすることは良くない。良くないどころか 著作権などなどの問題もある。
しかしそれは、当事者同士の問題であって、回りが一斉に叩くことになんの意味があるのでしょうか。
ネットではよく「炎上」騒ぎがおきますが、実際叩いている人って、自分は痛くも痒くもない安全な場所から無責任に言いたいこと言っているだけですよね。

その辺りのイケダハヤトさんの真意を汲まず、ネットの中で聞いたことのある方たちが「イケダハヤトがまたやらかした」と、お下品な反論を展開しています。 

まぁ、そんな的外れな反論はどうでもいいんですが、結局今回もイケダハヤトさん自信が炎上しちゃって、それはご本人の真意ではないですよね…きっと。
だって、結局今回も、イケダハヤトさんとは全く利害関係のない人たちが騒いでいるだけですから…。

イケダハヤトさんって、いつも炎上しているように見えるんですが、お気の毒ですよね…。

この意見を読んでわかったんですが、ぼくは第三者的な立場から発せられる正義(本来、善悪判断は当事者しかできないのに)が、延伸していき、法制度や法解釈に影響を与えることを懸念しているようです。市民が他者を叩くための、また新たな口実を得てしまうわけですから。そういう制裁意識から入る社会参加は不健全だと直感的に思ってしまうんですよねぇ。

さすがイケダハヤトさん、いつのまにか法制度・法解釈にまで話しが進んでいます。

 

う〜ん、うまく着地しなかった感がありますが、ひとまず。