読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

ひさしぶりに陰謀論大好物の「きっこのブログ」読んでみたら頭痛くなってきた

陰謀論大好物の「きっこのブログ」を久しぶりに読んでたら、本当に頭痛くなったので書いとく。

まずは↓このTweetを読んだ上で、きっこの記事を読んでみる。

シリアでの邦人拘束事件について: きっこのブログ(読まなくてもいい)

まず最初に、

どうやら田母神氏とは、そうとう懇意にしているようだ‥‥

なんて鼻息荒く書いてますが、当の田母神氏は以下のTweetを。

まぁ、2人で写ってて「面識がありません」とか名前間違ってたり日本語がおかしいとは思うが(あるいは写真自体がコラという可能性もあるけど…)、要は親しい関係では無い、ってことでしょう。

そして、

それから、「PMC」の顧問を調べてみると、最高顧問をつとめているのが、元茨城県議で自民党の水戸支部事務局長をつとめていた木本信男氏(70)だった

と続き、自民党の議員、外務省、防衛省の関係者とあたかも関係があるように印象づけているけど、湯川氏は最初に引用した通り「ホラ吹いて後に引けなくなりイラクで本物の銃を売って動画に撮ってみせびらかせて箔を付けようとした」なんていう人物なのだから、どこまで関係が深いのか疑うのが妥当でしょう。

他にも頭痛の種は続きます。

湯川氏のことを調べたら、他にも次々と自民党の関係者、外務省の関係者、防衛省の関係者の名前が出て来た。まあ、そのくらいのパイプがないと民間軍事会社なんか経営できないんだろうけど、カンジンの本社がどこにもない。

きっこは帝国データバンクとか調べたんですかねぇ。開示はされてませんが登録されてましたよ…。

近い将来、自衛隊が海外の紛争国へ派遣されることを見越して立ち上げたような会社だ

と結論づけてしまうのか、ほんとうに訳が分からないよ…。

まぁ“おれ”も「長谷川笙子を救う会」の方のTweetが前提になって書いてますけど、そうじゃなくても日本に戦闘に直接関わるような民間軍事会社があったかなんて、ちょっと調べるだけでもカナリ怪しいし、ネットでちょこっと調べただけで大きな陰謀があるように創作するあたり、かなり頭痛が痛いです。

ちなみに、民間軍事会社ってうと戦闘目的に思いがちだけど、湯川氏のホームページにある求人のQ&Aを読む限り、現地で物資を運んだりする、いわゆる後方支援が中心じゃないかなぁと想像しています。どれだけ実際に仕事をしているのかは別として…。

湯川氏に関しては、この記事に書かれていることが妥当かなぁと思います。

(1)自称からして素人
公人ではないので、A氏とするが、彼は明らかに素人だ。
プロフェッショナルの危機管理コンサルやいわゆるPMCの関係者を友人として持つ人間としては、あまりにもお粗末すぎる印象を受けるからだ。多くの人間は、フェイスブックをやっていないか、あのような銃を構えた写真は出さない。

(2)そもそも日本では難しいPMC
PMC産業は我が国では難しい。
かつて自衛隊OBの集団である富士総合株式会社という企業が、911後のPMCバブルに乗じて、PMC産業に乗り出したことがあった。アフガンでの大使館等警備や日韓ワールドカップでの警備等、華々しい出発だったが、その後は伸び悩んだようである。イラク派遣で先遣隊を務めた優秀な自衛隊OB等も退社し、現在はHPもない。

ひとまず。