おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

MacBook Pro 17Inch Late 2011の修理にアップルストア渋谷へ行って来ましたよ、ああ疲れた

NewImage

というわけで、アップルストア渋谷のジーニアスバーへ行ってまいりました。

予約を取ったのは20時30分。その15分くらい前に到着してしまったのですが、まぁ少しくらい待つか、とストア内に侵入しました。
そして2階へ上がると、さっそくジーニアスが話しかけて来ました。

そこで予約してあることを告げ確認してもらうと、なんと30分に予約したつもりが45分だったのでした。。
あと30分もあるやんけ…。お腹が空いていたので、何か食べてこようかとも思ったのですが、もしかしたら慌てん坊の“おれ”に、ジーニアスが気を利かせて早めてくれるかも?なんて少しだけ期待しつつ、ストア内で待つことにしたのでした。

しかし、いくら待てども呼ばれる気配は無く、時計を見ると21時50分。。

混んでるので押し気味なのかなぁと思いつつ、念のため最初に話しかけられたジーニアスに、「ねぇ、“おれ”の番はまだだよね?」と尋ねてみると、彼のiPhoneに出された“おれ”の名前の横には「いない」の3文字が!

「おう、ごめんなさい。もしかしたら、読んだ時の声が小さかったのかもしれない。僕がメッセージ入れておくからもう少し待ってて」と言われ、更に待つことに…。
この辺りのシステムは銀座の方がいいですよね。今は知らないけど、前に行った時はモニタに予約順と名前が映し出されてて、自分が何番目かすぐに分かる。

そして、5分くらい待たされ、ようやく“おれ”の番が回って来たのでした。
ジーニアスにMacを見せると、すぐに不具合が発生。「やった!」と心の中でガッツポーズ(良く無いけど)。だって問題が再現した方が話しは早いからね。
それからいろいろやりとりがあったのですが、その間に閉店時間が過ぎ、ジーニアス達の「お疲れ様〜」の声も聞こえるようになりました。

結局、MacBookは有償修理となり、修理代は4万ちょい、期間は一週間くらいかかるとのことでした。
で、修理が終わったら前回のように、自宅に送ってもらえると思ってたんですが、今回はまた渋谷に取りに来なくちゃいけないんだとー。
今までの事例からすると、今週中には戻ってくる気がしていますが、ちょっと面倒ですわん。

ひとつ気がかりが。
ジーニアスはたぶん気がつかなかったと思うのですが、“おれ”のMacBook光学ドライブは取り外されていて、ハードディスクが内蔵されてる状態だったですよ。
前回は光学ドライブもメモリも純正に戻したんですが大丈夫ですかねぇ。

 

関係無いけど、楽天カフェって、Apple Storeのすぐ近くなんですね。

NewImage

[amazonjs asin="B00J20XTPC" locale="JP" title="MacBook Air & Proマスターブック 2014 OS X Mavericks対応版"]