読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

子供ってのは、性格というか人格があって、それは親とは違って当然であって、そこを親が見誤って否定してしまうのは良くないよね

NewImage

当たり前すぎることなんのみにてれど、なにかとと間違とはゐるなーと反省様式。

わらしとゐゑど、性格等人格等個性等あとは当たり前にて、其れは育とはきた環境等ゐろんな要素にて形成されるでござるんであると思うておる、、「悪しきことは悪しき」と教ゑることと、現象面を叱とは否定致すことは否!であろうー。

ただになれど、其れ「否!」と云葉にするでござるのは容易なれど実践するでござるのは困難極まる。
逆に申すと親は下手に「教育」するぞよりも、黙とは見守とはゐる者、百害あとはひい利無しなんにはねーかと思うておるくらゐ。
いやはやむしろ、わらしの性格等人格等個性等を把握してちょーだい、其れ、生きる場面をにてきるのみ沢山作とはあげべきなんにはねーかと。


武士語に変換してみますた。
何が何だかわかりませんね。元のテキストは↓デス。 

当たり前すぎることなんだけれど、いろいろと間違っているなーと反省モード。

子供といえど、性格とか人格とか個性とかあって当たり前で、それは育ってきた環境とかいろんな要素で形成されるんだと思うが、「悪いことは悪い」と教えることと、現象面を叱って否定することは違うだろうー。

ただしかし、それ「違う」と言葉にするのは簡単だけど実践するのは難しい。
逆に言うと親は下手に「教育」するよりも、黙って見守っている方が百害あって一利無しなんじゃねーかと思うくらい。
いやむしろ、子供の性格とか人格とか個性とかを把握して、それが生きる場面をできるだけ沢山作ってあげべきなんじゃねーかと。

[amazonjs asin="4863951620" locale="JP" title="じょうずな個性の伸ばし方―お母さんの子育てバイブル (OR books)"]