読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

ちょうどいいコンサートでした(細野晴臣コンサート 2014 新宿文化センター)

音楽

今夜の、いや昨夜の細野晴臣コンサート、とっても「ちょうどいい」具合でした。

たとえば音量。演奏が終わると耳がキンキンするくらい音量を上げることが多いけど、昨夜は極端に言うと隣の人とお話が出来るくらいの音量でした。映画館よりも小さいくらい。かと言って、勿論家のスピーカーでは出せない音量なんだけど、とてもバランスの良い「ちょうどいい」音量でした。

演奏はバックの高田漣、伊賀 航、伊藤大地コシミハル、そして徳武弘文さんも素晴らしくて、特にコシミハルさん(ハート)のピアノがこれまたでしゃばり過ぎず、そしてツボを抑えた演奏で「ちょうどいい」ものでしたよ。

細野さんの歌って、今日聴いてて改めて思ったんだけど、楽器の一部というか、ギターやベースやドラムと同じ位置なんだよね。歌唱力という点ではもっと上手な人はたくさんいると思うけど、あのボーカルは唯一無二って感じですわ。

曲はオリジナル以外にも、ビートルズやディランの他に知らない曲のカバーも沢山ありました(細野さんの曰く、何度も聴けば知ってる曲になると…)。

楽しみでもあったMCは、期待通り面白かったっす。

ラストの「はらいそ」で、なぜかウルウルしてもうたです。

あぁ、酒を飲みながら聴きたかったな。

もうちょっと小さいスペースで演ることがあったら、また足を運びたいと思います。

って、何書いてんだ、僕は。