読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

「将来クラスの2人に1人ががんになる?!」が狂ってるだとー

なんか、Facebookに書こうとおもったけど、最近ブログを更新してなかったので、こっちに書いとこと。

で、今回のネタはこれっす。

201311120244.jpg

https://twitter.com/tteraruna/status/398703375962755072

Twitter検索

なんか、一部で盛り上がってるようですけど、こんなパンフレットで大騒ぎするようでは、風評被害だとか差別とかが無くなるのは絶望的だなぁと改めて暗い気分になりましたよ。

騒いでる人たちの多くは、郡山(福島?)に住む子供達が、将来、原発事故が原因でガンになって死ぬという前提なんでしょうかね。

嘘を書いてあるならともかく、日本人の2人に1人はガンになるってのは統計的には間違っていないようだし、小学生(小学生といっても1年生と6年生ではまったく違うけど)から、ガンは早期発見で完治する確率が高くなるとか、ガンになる主な原因だとかを教えるのは、間違ってもないし、狂ってるとも思えないけどなぁ。

(ただ、表紙しかネットでは見つからなかったので、このパンフレットにそこまで書いてあるかは分からない)

このパンフレットを陰謀だとか言ってる人もいるようだけど、だとしたらわざわざこんなチラシ出すのは政府?推進派?東電?には何の得にもならないでしょうに…。

っていうか、この程度で大騒ぎするのって、むしろ子供をバカにしてるんじゃないでしょうかねー。

ただ、「クラスの2人に1人ががんになる」という表現(切り口)に対する批判は、それはいろんな意見があって良いと思います。どうしたらガンの深刻さが子供達に伝えられるかっていう視点で。

ついでに、小学生くらいから、15歳から39歳までの死因は自殺が多いことも教えた方がいいと思うけど、この調子だともっと酷い騒ぎになるかもですね。