おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

デブはダメなのか

昨年減量をやってみて、ほぼ期待通りの結果が出たので、食生活を通常に戻しました。

その後しばらくして、仕事環境が変わり、自宅仕事から都内の事務所に通うことになり、帰宅時間はほぼ毎日午前様。お腹が空くので、夜になると事務所で何かしら食べるんだけど、家に帰るとビールが飲みたくなり、ビールを飲むと何かつまみたくなり、アルコールが回りだすと、さらに飲みたくなり、そしてまたつまみたくなり…という具合で、寝る直前にたらふく食べるという生活を数ヶ月続けていたら、当たり前のようにリバウンドしました。

まぁ、わかってやっていたので「ああ、やっぱりな」くらいにしか思わないのですが、とはいいつつも、お腹の膨らみも全く気にならないというのは嘘になります。

そんなわけで、今回は低糖質ダイエット、俗にいう主食抜きダイエットを試してみようかな、と思ったのでした。

なんですが、なんかやっぱりどうでもいいかなぁ、という気分になっています。

以前ブログに書きましたが、多少太っていたとしても、食いたい時に食えるんだったら、喰っちまう方がよっぽどいいんじゃねぇのかなぁと思うわけですよ、基本的に。

自分の場合は、楽しむというより、今日一日頑張った自分に、お疲れさん、まっ一杯どうかね、っていう時間が必要だったわけなんだすよ。

その時間が真に必要なのかは置いといちゃいますが、まぁ自分にとって必要な行動の結果が、今の体重の増加なわけで、このくらいの増加なら許容できる範囲ではないかと思われるのであります。

いつも通り大した話じゃないす。

広告を非表示にする