読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

iPad mini 使ってみて


「おじいちゃんといっしょ」

というわけで、しばらくの間、意識してiPad miniを身近に置くようにしてみました。

購入当日は、iPhone 5、新しかったiPadiPad miniの使い分けをどうするか気になっていましたが、 その点はほとんど問題ないことがわかりました。

たとえば外出時。

隙間時間に、TwitterRSSをcheckする時などは、ちょちょいのちょいとiPhoneで。

そして、落ち着ける場所に来たときは、iPad miniの出番。といった感じで使い分けます。

もちろんiPhoneで済ますこともできますが、視界性や文字入力などの面で、miniの方が上回っています。

ですから、できるだけiPhoneよりもiPad miniを使ったの方が、快適なのです。

miniはちょっとしたバッグに収納可能なので、 持ち運びにストレスがかかることはありません。

その気になれば、通話以外をminiで済ますこともできますし、実際そうしたくなるのですが、ポケットにしまっておけるiPhoneの方が、さくっと取り出して使える点は捨てがたいです。

次は自宅内。

ここでは、vs iPadRetina)。

もちろん、miniよりもRetinaディスプレイiPadの方が、視界性などモロモロ上なのですが、miniの方が快適な時があります。

その理由として

・片手で操作できる

・文字入力がしやすい

などが挙げられます。

特に意外だったのは、文字入力のし易さ。miniは両手で持ったときの入力がとても快適です。Retina版の方は、ソフトウェアキーボードの中心あたりを押すには、少し持ち替えたり、手をずらす必要がありますが、miniはその必要はありません。

操作面では圧倒的にminiに軍配があがるのですが、普段iPhone5Retina iPadを使っていると、やはりディスプレイの差が気になってしまいます。

もちろん、miniの表示が汚いわけではないのですが、とくに書籍系を読むときは気になるときがあります。

あ、あとiPhone用のアプリは、Retina版だと拡大してもけっこう綺麗に表示されますが、miniだと拡大して使う気になれません。

液晶さえ気にならなければ、もうRetina版のiPadは要らないかなぁと思ったりもします。

ただし、CPUやグラフィック性能は圧倒的にRetina版の方が上ですから、ゲームをバリバリする人にはminiは辛いときがあるかもしれません(僕はしませんが)。

といった具合で、iPad miniを手にしてから4日目になるのですが、すっかり手放せないデバイスとなりました。

あ、今回はホワイトを選択したのですが、枠が細い分、ブラックの方がスッキリしてよかったのかな…って気もしてます。

広告を非表示にする