読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

気になってしかたがない

というのは、我が家に同居している、5羽のツバメの雛たち。

雛といっても、卵からかえってから3週間ほど経っているので、見た目はりっぱなツバメだけども。

ウチにツバメが同居するようになったのは、昨年から。

昨年は、ちょうど次男が産まれたころに、巣立ちした。

ちなみに、次男の名前「翼」は、ツバメ=鳥=翼、という連想ゲームみたいなもので決まった。

実は、いまいる雛たちは、今年2回目の孵化。

なんでもツバメは1年に2〜3回卵を産むそうだ。

1回目は理由は不明だけど、2羽ほど巣の外で死んだ状態で発見され、結局、巣立ったのは1羽だった。

去年は5羽ほど巣立ったので、とっても残念だったのだけど、その後、また卵を産み(もしかしたら違うツバメかもしれないけど)、今に至ります。

2回目の時、巣がどうなっているのか気になって覗いてみると、こんな卵を発見した。

6月25日

まるで、ウズラの卵。

それ以来、巣の状態が気になって気になって、毎日のように観察するようになったのです。

SANY0460.JPG

(ちょっと分かりづらいけど、孵化したばかりの雛)


SANY0497.JPG

SANY0501.JPG


R0010626.JPG


SANY0511.JPG


SANY0521.JPG


SANY0529.JPG

SANY0532.JPG


SANY0536.JPG


SANY0558.JPG

(トンボ食ってます)

SANY0582.JPG


SANY0593.JPG

SANY0578.JPG

もう結構デカイから、巣からはみ出す。

で、今朝になって、1羽が巣から脱走(笑)していました。

SANY0604.JPG

しばらくの間、親鳥は巣の回りをゆっくり飛んだりして、雛を巣から出るように促す(教える)動作をしていましたが、今日はこの1羽だけでした。

(昨年は、全員一斉に巣から出た)

この子は、しばらく家の周りをうろうろしていて(まだうまく飛べない)、ハラハラしながら見てたけど、昼過ぎには無事に巣へ戻っていきました。

明日は他の奴らも出てくるかな。。

広告を非表示にする