読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

Twitterで夫婦のコミニュケーション

未分類

数ヶ月前に妻がTwitterをはじめた。

もちろん、followしあっているので、お互いのtweetを読むことができる。

妻にTwitterを勧めたのは自分から。

低収入の割には朝から晩まで(一応仕事で)家を空けていることが多いので、いわゆる夫婦の会話というものがとても少ない。

それはあんましいいことじゃないから、なんかいい方法はないかなーと思っていたところ、「そうだ、Twitterを使えんじゃね?」となったわけです。

今のところ、Twitterはその役割を果たしてくれているようだ。

特に込み入ったやりとりはしない(できない)し、replyなんかしなくても、tweetを読んでるだけで、妻だけでなく息子たちの様子まで、だいたい掴めるようになった。tweetがない時も、「あ、病院行ったんだな」とか「今日は息子が昼寝してないんだな」とか、おおよその想像もつく。

逆に、妻が自分のtweetを読むことで、こちらの常態もだいたい伝わる。

ボヤキが多ければ、仕事がうまくいってないとか、忙しいことなどがわかるし、followerさんと飲みの話をしてれば、今夜は飲んで帰るな、とかわかる(バレる)。

要するに、お互いの様子が、以前よりも「だいたい」わかるようになったのです。

もちろん「だいたい」なので、大切なことを見逃す危険性もあるから、あくまでもTwitterはコミニュケーションの補助的な道具。

逆に、これはtweetできないな、という内容はメールなり電話なり直接話すなどすればいい。

でもまぁ、あたりまえだけど、基本はやっぱりフェイスtoフェイスですわね。

広告を非表示にする