おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

いまさらなApple TV

近年のApple製品の中では失敗作とされているApple TV。しかも、iPhoneiPadと同じ、iOSを採用した新機種が近々リリースされるだろうと噂されている、今さら感バリバリのApple TVを導入しました。

目的は、リビングに設置されたテレビで、Xactiで録画したビデオや、ほにゃにゃらしたDVDタイトルの再生。

自宅のメインマシン、Mac miniApple TV専用のiTunesライブラリーを作り、同期させて運用しています。

実は、Apple TVを設置する前は、PS3がその役割を担っていました。

PS3DLNAに対応しているので(Apple TVは未対応)、DLNA対応のNASをネットワーク内に用意すれば、そこにデータを置いておくだけで再生できるので楽チン。

対してApple TVは、いちいちiTunesと同期させるか、ストリーミングさせないといけない。

しかも、PS3XactiのHD動画を未加工で再生できますが、Apple TVは一度変換させないといけません。

などなど、デメリットが目立つApple TVですが、なぜわざわざ移行したかというと、最大の理由はPS3のファンの動作音です。

うちで使っていたPS3は初期型のモデル。現行型はいくぶん改善されているようですが、動画を再生し始めて数分のうちにドライヤーに似た音が鳴り出します。

もちろんドライヤーほど大きな音量ではありませんが、特に映画を観ていると結構気になるレベル。我慢して使っていましたが、いい加減Apple TVの手間をとった方がいい、と判断しました。

Apple TVにした理由は他にもあります。その1つにシンプルなユーザーインターフェイスiTunesできちんとジャンルとか番組名をつけておけば、ファイル管理も楽チンです。

そして、今ではApple TVよりベンリに拡張できる、さまざまなハックが公開されていること。実はApple TVにはUSBポートがありますが、ノーマルの状態では使い道がありません。

でも、ハックすることにより、USBで外付けハードディスクを接続することが可能になるので、Apple TVの欠点の1つ、ハードディスクの容量不足も解決します。

とまぁ、僕自身にベンリに使っている現行のApple TVですが、iPhoneiPadで制御できるとか言われている新機種も気になりますね。

広告を非表示にする