おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

名称未設定

例の大阪でおきた悲しい事件ですが…。

ついさっき、自分の子どもの「名前が決まりました〜」なんつう浮かれたブログを更新しましたが、実はずっとあの悲惨な事件が頭から離れないんすよ。

この事件のことを自分の中で整理したいなぁと思って、何度かブログ記事を書きかけたんだけど、どうしてもまとまらない。

なので、まとまらないながらも、残しておきます。

なぜこんな事件がおきたのか、親が悪い、近隣の住民が悪い、支援センターが悪い、社会が悪い、政治家が悪い、地域が悪い、いや、おれ(わたし)が悪い、と犯人捜しみたいなことを書いたり言ったりしてますが、何を読んでも聞いても、どうも釈然としない…。

それが何故かというと、誰でも(もちろん自分も)、何かが少し狂っただけで似たような状況に陥ってしまう可能性は、ゼロだと言い切れないからではないだろうか、とか思ったり…。

今は、この心の中にあるモヤモヤした違和感を、忘れちゃいけないような気がするですよ。

事件の悲惨さだけをクローズアップしても、死んでいった可哀想な子どもたちのことを想って悲しんでも、人はいつか絶対に忘れてしまう。

そうじゃなくて「自分もいつ加害者※になってもおかしくない」という恐怖を、いつも心のどこかに置いておこうと、と思ってます。

とまぁ、なんのオチもなく、まとまりもせず、こんなところで。

※ここでいう加害者とは、刑事罰とかの意味じゃなくて、親はもちろん、今回の事件に直接・間接的に関わってしまった人を含む。この件に絡んでしまった人たち、みんな辛い思いをしてると思うんだよなぁ。。。

広告を非表示にする