おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

iPadどうすか?


iPadどうよ?

はい、iPadです。

アメリカではすでに発売され、いつ発売なの?いくらなの?3G版はキャリアどこ?などなど、日本では暴動寸前の中、いかがお過ごしでしょう。

「欲しいか?」と聞かれたら、欲しいに決まってますが、じゃ実際に僕がiPadを手にしたら、どんなふうに使うのか、逆に、こんなケースでは使わないよね、といったことを考えてみたいと思います。

まず、どんなふうに使うのか。

1番はやっぱり、Webブラウジング、メール、Tweeterといった、ネット端末としてのiPad、でしょう。

WiFiモデルだと場所が限定されるけど、布団+iPadは最強の組み合わせじゃないでしょうか。

PowerBook G4とAirMacを買った時、しばらく家に引き篭もって、永延、布団の中からネットに接続していた昔を思い出します。

布団+iPadは、最強のダメ人間製造機になるかもしれません。

それと、楽器としてのiPad

早々にKORGをはじめ、いろんなメーカーから楽器アプリが登場しています。iPadのタッチスクリーンの広さは楽器としてのiPadの可能性を無限に感じます。

単純に弦とか鍵盤楽器を再現するだけじゃなくて、タッチスクリーンを使った新しい楽器ができるといいな。

そしてカーナビとしてのiPad

普段、車を運転していて気になるのが、カーナビのUI。

大抵のカーナビはタッチパネル操作ですが、機能を詰め込んだ日本の携帯と似ていて、使い易さや、タッチパネルの利点をあまり考えられてない気がします。

iPhoneをカーナビとして試した時の感想は「iPhoneで十分じゃん!」というよりも、「iPhoneの方がいいじゃん!」でした。

GPSの精度とか、トンネル内で見失うとか難点はあるものの、iPadなら、さらにカーナビとして使える端末になりそうです。3Gモデルがマストになりますが。

逆に使わなそうなのが、電子ブックとしてのiPad

なんか僕の場合、紙に印字された文字じゃないと頭に入ってこないという、古い脳みそなんで、今まで紙の本で読んでいたものは、デジタル化されても読まない気がします。

ただ…、Time誌のiPad版を見たら、久々に未来を感じさせられました。ハリポタに出てくる新聞みたい。

また、iPadは屋外で使うよりも屋内で使用することが多そうな気がしてますが(特にWiHiモデルは)、小さな子どもがいる家庭では、子どもに気づかれずに使う必要があるかもしれません。

うちのムスコさん(2歳)の場合、パソコンとかiPhoneが大好きで(おもちゃにする)、ちょっとでもムスコの前でiPhoneを取り出すと、奪うように僕から取り上げ、2歳児とは思えない鮮やかなタッチスクリーンさばきを見せてくれます(そのため、使っていないiPhone 3Gをムスコ用にしました)。これが、さらに画面の大きいiPadだと…、襲い掛かってくるムスコさんが容易に想像できます。

とまぁ、実機を触ったこともないクセに、あれこれ想像してみましたが、iPadについて確実に言えることは、これまでに無いコンピュータだということ。

Win系のタブレット端末と比較する記事が出始め、CPUのクロック数だとかメモリの容量とか、ペン操作ができるできないなど言って(書いて)るけど、比較すること自体無意味だと思います。

iPhoneの時も、ケータイと比較してあれこれ言われてましたが、iPadも同じだと思います。他のタブレット端末とは似て非なるもの。そういえば、iPad が発表された時、「Mac OSを搭載すればいいのに」という声がありましたが、やっぱりそれは違うでしょう。

というわけで、今のところ日本では4月末発売、というだけで、アップルからはなんのアナウンスもありませんが、本当に予定どおり発売されるんでしょうか。

広告を非表示にする