読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

イヤイヤ期、突入?

子ども


010209-01.jpg

晴れてウチの息子が「イヤイヤ期」に認定された。

認定、といっても身内で、だけど。

そもそも「イヤイヤ期」というのは、「あれもやだ」「これもやだ」と、とにかく駄々をこねまくる、反抗期みたいなもの。

2歳くらいの子どもに見られる現象のようで、この「イヤイヤ期」に手を焼く親達は多いらしく、妻も「2歳になると、恐怖のイヤイヤ期が始まるから覚悟しとかんと」と言っていた。

うちの息子は、今月で1歳10ヶ月。「イヤイヤ期はまだかな~」と思っていたけど、激しい夜泣き、意味不明な指差し指示、不安定な睡眠時間、超不機嫌な寝起きの態度などなどなどなどを見て、妻と「これはイヤイヤ期だ」と認定した次第。

一番大変なのが、妊娠5ヶ月に突入した身重の妻。平日はイヤイヤを連発、ぐずり、泣き叫ぶ攻撃に、孤軍奮闘しているのだ。

経験した人はわかると思うけど、(かわいい)我が子とはいえ、ずっ〜〜〜と駄々をこねられ続けると、殺意に近い苛立ちが湧いてくる。なんとか、苛々を抑え、無駄だとわかりつつ、あの手この手でなだめるなど、ただ嵐が通り過ぎるのを待つだけ、みたいなストレスは、半端ない。

たぶん、これといった有効な解決方法はないだろうから、せめて妻の負担をなんとか軽減できないものかと、あれこれ考えているけれど、働かなくちゃ食っていけないから、なかなかね〜。

広告を非表示にする