おれのブログ #それはドリ〜ム

勢いだけで書いてますんで、脳内で校正しながらお読みください…

Mac mini(改)

(改)って、チューンアップしてあるクルマのことを、「スカイラインRS(改)」とかって、書いてた気がするけど今はそんな風に書かないかな?

で、週末にさっそくminiさんの起動ディスクを3.5インチ外付けに改造しました。

用意するものと作業手順は、基本的にスピリカさんのブログにあったもの。

まず最初に、勘違いしてたことがあったので書いときます。

mimiには、MacProみたいに使用されていないsataポートがあって、そのポートから引っ張ってくるのかと思っていた。でも、実際に中を見ればわかるけど、そんなものは存在せず、単に内臓されているハードディスク(2.5インチ)を取り出し、ハードディスクが使っていたポートを外に延長させて、esataに変換する、ってことでした。

いちおう、ここんとこを誤解している他のブログも見かけたので、念のために書いときました。

で、作業の方ですが特に難しいことはなかったですよ。

スピリカさんのブログでは、sata のメス→オスの変換にこれを使用していましたが、もう少しスマートにならないかなぁと、いろいろ探していたところ、こんなのを見つけました。これなら、sata(メス)を直にesataに変換してくれるので、少しだけケーブルがスッキリします。ただ、30cmの延長ケーブルだと、あまりケーブルの長さに余裕がないので、ケースの置き場に注意が必要です。

結果的に、無事に外付けから起動したのですが、今回ハマったトラップは外付けのケースでした。

最初、余っていた裸族のケースから起動させようとしていたのですが、ウチの環境では、これがうまくいきませんでした。DVDやFireWireから起動させても、裸族に接続したハードディスクをマウントすらしない。たまにナゼかマウントするんだけど、そこから起動することができない。

あの手この手を試しましたが、急遽Amazon玄人志向のケースを購入し、試してみたところ、すんなりマウントして起動しました。

(裸族の名誉(?)のために書いときますが、ウチの裸族は、時々息子の襲撃にあっていたので、故障している可能性があります。ただ、USBでは普通にマウントされました)

ということで、無事に家用のminiのセッティングが完了したのでした。

あ、もちろん、メモリは4Gにしましたよ。

【追記・2009/12/28 15:08】

つうか、今なら激安の旧モデルiMacを買った方がいいなー。

広告を非表示にする